(1)「東アジア」


【台湾】

 沖縄から一番近い大都市は何と言っても、西の台北。人口約270万人。世界60都市近くと航空路で結ばれており、ある意味でこの所要約1時間弱の台北=沖縄(那覇)間が安くなればなるほど世界が近づいてくる。沖縄からグアム、マニラなどへの航空路線が休止となるなか、この台北線はほぼ毎日3便飛んでいるのだ。また沖縄にとって台湾はごく近い隣人、良く知るべきだろう。沖縄発着「東アジア」全般に言えることだが、このエリアは基本的に格安航空券を売る旅行会社任せにしてもあまり意味はない。何しろノーマル(正規運賃)のチケットそのものか、それと大差ない価格で売るため、直接航空会社で購入するなど文字通りの“手作り”がお薦めである。

 沖縄=台北(Y・エコノミークラス)はノーマル(Y2・制限付き)で片道2万700円、往復3万7200円。那覇=南大東より安いのだが、那覇市・牧志のマチグヮーへやって来る台湾商人などは「非常に納得いかない」価格である。国際航空運賃には物価に応じた方向別格差があるため、台湾では台北=沖縄(Y)片道ノーマル3544台湾元(約1万4900円)、往復はその倍で、3万円を切る。石垣=沖縄(通常期普通運賃)の方が若干高いくらいだ。

 つまり台湾へはビザなし入国(到着翌日から14日以内の滞在・旅券の残存有効期間6カ月以上)するため、日本航空系列の日本アジア航空か、チャイナエアライン(中華航空)のオフィスで台北までの予約済み往復航空券をとりあえず買い、無事入国してから帰路は払い戻し(沖縄でも可能)。帰りは沖縄出発時に行ったフライトの予約をそのまま生かし、新たに台北の中正国際空港など現地で買えば少しだが安くなる。台北を自由旅行のハブ(拠点)にするならこれを機会に台北=沖縄=台北と買っておくのが是非ともお薦め。通常より5000円以上安い、沖縄=台北片道1万5000円体制が実現する。なおフライトの予約ではあらかじめ航空会社で帰路の予約状況などが書かれたプリントを入手、それを持って出掛けるのが良い。

 台湾は第3国への予約済み出国チケットの提示でもビザなし入国が可能だが、ビザを用意していくなら那覇市の中琉文化経済協会駐琉球代表弁事処(098[862]7008)で所要2日。4000円(シングルビザ)と、写真2枚要。石垣市の八重山華僑分会(09808[2]2209)でも取得できるが、4、5日かかり、費用は6000円に。複数入国可能なマルチビザもある。

 なお国際航空運賃は正規(ノーマル)の普通運賃と正規の特別運賃があり、さらに旅行会社がそれらを崩して売る格安の運賃、いわゆる格安航空券が存在する。このうち正規の普通運賃、つまり純粋なノーマルチケットは最初の搭乗日から1年有効で、オープン(搭乗日未定)や航空会社の自由な選択が可能。日程変更や航空会社の変更、払い戻し、許容範囲内のストップオーバー(途中降機)なども原則無料でできる。ルートも最大許容マイル内なら基本的に設定自由。

 次いでと言っては何だが、台湾で買う例えば台北=東京(Y)の片道ノーマルは9838元(約4万1300円)。往復は倍額。この価格に若干の消費税を加えただけで沖縄や大阪などにストップオーバーできる。つまり台北=沖縄=東京が片道10077元(約4万2300円)。国内線の沖縄=東京(通常期普通運賃)が3万4400円なので、差し引き8000円以下で台北=沖縄が結ばれることになる。

 しかも沖縄=東京は国際連帯航空券のため国際線同様、11カ月前から予約ができ、日程の変更、払い戻し、さらには沖縄出発前であれば最初の行き先を東京から名古屋へ変えたり、帰路東京からさらに大阪に途中立ち寄ったりするなどルート変更も一般の国内線チケットとは異なり、みな無料でOK、ビジネスにも便利だ。行きは東京、中間はJRなど、帰りは名古屋からという、いわゆるオープンジョーのスタイルも可能。

 台北からの日本行き直行運賃の指定地は台北線がある東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄と、それに鹿児島などに限られるため、例えば台北=沖縄=福岡(片道7255元[約3万500円])は良いが、台北=沖縄=広島では台北=沖縄プラス日本国内で買う沖縄=広島の運賃、計9978元(4万1900円)となり、あまり意味はないので注意。また台北から鹿児島行きは福岡行きとほぼ同額のため、どうせなら鹿児島=福岡の旅程も付けてしまおう。沖縄を中間点として台湾や日本本土を行き来するこのやり方、いわば現代の琉球王国の“中継貿易”といえそうである。 

 沖縄から台湾へは何も航空旅行だけではない。極東を旅するバックパッカーにに昔から有名な船旅もある。しかも今日では至極快適。有村産業(098[869]1320)がこのほど台湾、先島航路に最新のクルーズフェリー2隻を投入。那覇=宮古=石垣=台湾(基隆、高雄)ルートを数日ごとに快足で結んでおり、台北近郊の基隆まで那覇からは1泊、石垣からはわずか7時間(帰路は1泊)。だが残念なのは運賃が割高ということ。基隆まで那覇からツーリストクラス1万5600円(学割1万2480円)というのは沖縄発航空運賃を一応下回り、最初の台湾入りにも使えそう。

 八重山(石垣)住民には国際線就航が遅れている今日、世界への貴重な足なのだが、石垣からは短距離なのに1万2500円(学割1万円)と極端に高い。しかしこれも台湾で買えば、基隆=石垣が70USドル(約8100円)、那覇87USドル(約1万円)相当で、学割は日本同様さらに2割引。八重山在住の旅好きなどはいつでも安く台北へ行けるよう現地で石垣まで往復買っておくのがお薦めだ。

 なお最初はビザなし入国のために200円の取り消し料覚悟でとりあえず往復(14日以内復路1割引)買って出発しよう。取り消しは帰路の出港前に現地オフィスへのすみやかな連絡が必要。台北から千葉県(成田)へ行くなら台北市内の旅行会社で購入する往復4万円前後の格安チケット(シンガポール航空[1年オープン]など)が便利。ちなみに石垣=羽田往復は通常期普通運賃の場合で、何と8万9120円。数日前でも買える旅行社のいわゆる格安券も那覇乗り継ぎで往復7万円ぐらいするようだ。

 将来、台北=石垣線が就航すれば、航空会社にもよるが例えば台湾で買う台北=石垣=沖縄は台北=沖縄の直行運賃が使える見通しで、石垣=沖縄の旅をすれば台北=石垣は実質ほぼ無料で飛べそうだ。なお沖縄=台湾航路でマレーシアのスタークルーズ社が1997年3月から那覇を母港に超豪華客船「スーパースター・カプリコーン」(2万8000トン)による定期的なクルージング事業をスタート、東シナ海が「アジアのカリブ海」になる日も案外近いかもしれない。

《目次へ》


【香港】

 1997年6月30日で英国領香港はおしまい。翌7月1日から一応、中国だが、香港は香港という状態が当面、続きそうだ。このところ香港旅行はブームとなっており、宿泊費の異常な高騰を考えれば、フリーツアーに参加するのも良いかもしれない。だがやはり「深夜特急」(沢木耕太郎)ではないが、安宿(割 高だが安全なサリスバリーのYMCAドミトリーなどがお薦め)に滞在、香港の本質や世界中の旅人に触れ会える自由旅行の醍醐味は捨て難いだろう。

 香港までのチケットは沖縄県内の旅行会社間でさほど違いはないが、エイチ・アイ・エス(HIS)かねひでトラベル(098[868]1133)では往復6万3000円(チャイナエアライン)。最大30日のフィックス(日程固定)だが、台北ストップオーバーはOK。同社は格安航空券販売で全国的に名高いHISが96年夏、沖縄に上陸。沖縄旅行業界の活性化に貢献、あるいはその在り方に一石を投じているように思えてならない。

 沖縄、いや全国各地でチャイナエアライン総販売代理店を務める「富士ツーリスト」(098[862]3333)はやはり同航空で6万3000円。1カ月有効。同社で買うチャイナエアラインのチケットは総代理店だけに、フィックス(日程固定)でなく日程変更ができる、つまり〇日有効というスタイルで、割とノーマルの条件に近いのが特徴だ。台北ストップオーバー可。沖縄旅行業界の主役で、沖縄発着航空船舶の無料時刻表が自由旅行者に大変好評な「沖縄ツーリスト」(本店・098[862]1111)でも同一価格。ただし1カ月フィックス。リウボウ旅行サービス(本社・098[861]3404)ではアシアナ航空で6万2000円(45日フィックス)。ソウルストップオーバー可。

 台北経由でない週2便の日本航空直行便(福岡=沖縄=香港線)になると便利だが割高で、大概、日航のノーマルチケットを買う羽目になろう。ただノーマルと言っても純粋で高額な正規普通運賃でない正規特別運賃の方。ゾーンペックスに分類される「JAL悟空」(7万3000円)で、21日フィックス。予約変更が不可能など一般の格安航空券同様、厳しい制約が付く。素直に沖縄でチケットを買うと香港行きは全般に東京発などの方が安く、沖縄から「東アジア」は遠い現状が浮かび上がってくる。

 もし台北まで安く行く体制をつくっている旅行者なら、台北=香港を買えば良い。ノーマルならこの場合割安な第3国間なので、片道でも例外的に台北でなく沖縄であらかじめ現地で買うのとさほど変わらない価格でのチケット購入が可能。片道(Y)で2万7200円、往復4万4700円。なおビジネスクラス(C)でも一般にノーマルの場合、正規の(Y)と大差ない。もちろん台北の旅行社などでいわゆる格安チケット(往復3万円程度)を買うのも良い。台北から香港へは1日30便以上もある。

 中間の台北発は沖縄発に比べ割安だから、例えば緊急で単純に那覇空港で沖縄から台北ストップオーバー、香港までの片道ノーマルチケットを買う場合、沖縄=台北=香港とまとめず、沖縄=台北、台北=香港と2冊に分けて買うだけで、6000円近く安くなる。航空券は発券係に発券方法を変えるよう頼むだけでコストダウンできるパターンがしばしばあるのだ。

 香港へ行ったら免税品を買う旅行者が多いが、航空券を買ってくるのもいいだろう。全世界への格安航空券はもとより、とくにその格安航空券がない沖縄関連のノーマルチケットも台湾同様、いやそれより安い水準で買える。香港=沖縄は片道(Y)2070香港ドル(約3万1000円)で沖縄発より4割安い。往復は3940香港ドル(約5万9100円)。さらにノーマルで日本国内区間を含んだ香港=沖縄(ストップオーバー)=東京は片道3658香港ドル(約5万4900円)、香港=沖縄=大阪3616香港ドル(約5万4200円)、香港=沖縄=鹿児島2760香港ドル(約4万1400円)。このほか、沖縄関連の“中継貿易”タイプでは札幌、仙台、名古屋、広島、福岡といった都市が香港発日本行き直行運賃の指定地のためお買い得。大阪行きなどは少額足せば結局東京へ行けるのだから最初から東京まで買った方が良いかも。なお途中数多くストップオーバーしたりすると直行運賃自体が若干アップするだろう。

 香港に続いて1999年12月にポルトガルから中国へ返還予定のマカオへは香港から高速艇で1時間余り。台北=マカオ片道ノーマル(Y)5239元(約2万2000円)、高雄=マカオ4447元(約1万8700円)を利用、オープン間もない、ポルトガル語がやたら目立つマカオ国際空港に降り立つのも一考だ。かつては沖縄から船で乗り継げた高雄=マカオ航路の復活を祈りたい。香港(1カ月以内)、マカオ(20日以内)は通常ビザ不要。なお那覇市のアシアナ航空オフィスではソウル経由になるが、マカオ(香港、マニラも同額)へ往復7万円(45日有効、つまり変更可)の格安チケットを直接入手できる。

《目次へ》


【日本(本土)】

 沖縄(本島)から日本本土行きで一番安い地点は、週1便程度になるが、大阪・神戸だろう。片道およそ9000円。時には8000円弱になる。実は船の話。何も船旅が安いというのではない。かつては本土から沖縄へ行くより、台湾への方が安い事態があったほど沖縄航路は伝統的な独占高価格ルートだからだ。 現在でも沖縄=鹿児島(2等)1万1840円(学割9470円)、大阪・神戸1万5450円(学割1万2360円)などと割高。しかもあくまで荷物主体のため荷役の関係でよく出港が遅れる。本土航路の乗船率は10%台。沖縄発着旅行者のおよそ97%が航空機利用の今日、一般には過去の輸送手段なのかもしれないが、船旅は距離をのんびりと、また時には苦しみながら体感できる貴重なものだろう。事業者側の運賃多様化も真に望みたいところである。1人体重60キログラム程度なのだから。

 さて学割より3000円以上安いこの9000円プラン、京阪神で良く出回っている関西汽船(那覇駐在・098[868]8135)の株主優待券(50%引き)を郵送などで取り寄せるもの。同優待券は時期によって1500〜500円程度でナミヤコイン店(06[211]1738)などで販売されている。 関西汽船の沖縄航路は奄美大島(名瀬)にも立ち寄るため、奄美への旅にも使える。乗り継ぎで大阪から松山へのルートも狙い目だ。ただ時期によっては優待券が京阪神全域で突然売り切れたりするので注意。また超繁忙期の使用はできない。このほか、石垣、宮古起点の旅客には2等往復(14日以内)に限り、復路が3割引となる島発往復割引が先島、本土航路で、また沖縄本島(那覇、本部)発本土行きも同じく2等復路3割引きの島発往復割引(14日以内)が使える。

日本本土上陸後はJRグループの「青春18きっぷ」がお薦め。春、夏、冬休みの期間限定で発売されるいわゆるトクトクきっぷで、1万1300円でのべ5日間(または複数人数で計5回分)、普通、快速列車が24時間全国乗り放題だ。1日当たり2260円の勘定でかなりお得。年齢は問わない。何しろ大阪=東京などはもとより、やり方次第では1000キロ以上を2260円で現実に移動できるのだ。指定券(500円または300円)があれば臨時夜行快速「ムーンライト九州」(博多=京都)など快速、普通列車の普通車指定席にも乗車OK。那覇市内のJR九州沖縄支店(098[869]2677)で購入可。同支店では全国の指定券も買える。

 18きっぷシーズン以外は高速バスが比較的割安で要チェック。新幹線や西鹿児島=新大阪の寝台特急「なは」に格安で乗車できる「大阪往復割引きっぷ」(西鹿児島発2万5860円からで7日以内、超繁忙期除く)や、各種周遊券利用も大型時刻表やJR九州オフィスで検討しよう。ブルートレインの「なは」は沖縄返還を願って生まれた列車で、ウチナーンチュに何かと縁が深いのだ。

 さて本土行きの主役、航空はどうか。ノーマルが東京往復約7万円でため息が出るが、まず東京、名古屋、大阪、福岡の超繁忙期を除く4大都市については、沖縄ツーリストやエアー沖縄(パレット店・098[863]8010)、中央ツーリスト(本店・098[854]5454)、ジャパンツーリスト(本社・098[868]0011)、さらには金券ショップのトップチケット(098[831]8868)や、さくらチケット(098[869]7700)などでいわゆる団体崩れの格安航空券を買うのが良い。国際通りに面した一般商店でも扱っていたりする。

 季節や曜日にもよるが、片道(Y)で沖縄=東京2万1000円、名古屋2万2000円、大阪1万7000円、福岡1万7000円前後。 沖縄発午前便、帰路は午後便の指定が大半のようだ。往復はさらに若干安くなる。ちなみに全日空(ANA)筋のエアー沖縄では同社の無料時刻表でANAの一部フライトが濃く塗ってあるが、それが団体枠で安く搭乗できる便である。

 通常4、5日前の申し込みが必要だが、那覇市内の沖縄ツーリストなどでは前日昼ごろまでの申し込みで何とかなる場合も。ただこのチケット、スタッフによってはいかにもヤマトからの観光客といった風貌の人にわざわざこの格安航空券の存在を知らせないケースもあるので注意。すべてを旅行社任せにしないでこの格安券をこちらからしっかり指定することがポイントだ。閑散期などは東京往復3万円台後半で、閑散期普通運賃の4割引になる。県内財界で計画されている新興航空会社も特別運賃ではこの価格、条件をクリアせねばなるまい。

 さてこの格安券、超繁忙期についても一応存在するようだが、時期が時期だけに割高、かつ極端に席が取りにくいようだ。なお宮古、石垣の沖縄ツーリストなどでも7日前くらいに申し込める格安航空券が売られており、同社の東京行き片道は宮古発2万6000円、石垣発は那覇乗り継ぎで3万5000円程度。同社の宮古支店(09807[3]0008)、石垣支店(09808[3]0097)。 

 なお日程変更の可能性がある場合は無記名式回数券(6回分)をトップチケットなど金券ショップのばら売りで利用、東京片道2万7000円、名古屋2万6000円、大阪2万3000円、福岡1万8000円など個人購入より一枚当たり安くつく。さくらチケットでは4大都市に加え、岡山行き(片道2万3000円)などがあるケースも。いずれも超繁忙期は利用不可。鹿児島行きは出発直前でも買える、中央ツーリストの日本トランスオーシャン航空(JTA)25%引きチケットを利用するのが通年でお薦めだ。

 一般にその他地方都市や超繁忙期の大都市行きについては、航空会社で積極PRしている割には片道利用だけでも良いということを除いて、まだまだ使いづらい事前購入割引運賃を利用せざるを得ないだろう。日本航空と日本トランスオーシャン航空の「前売り」、全日空とエアーニッポンの「早割」、日本エアシステム(JAS)の「〇週割引」がそれで、96年度については各社ほぼ似たりよったりだ。日航の「前売り」を例に取ると、28日前までに予約、4日以内に購入しなくてはならない「前売り28」で当該普通運賃のほぼ半額(月〜木約50%引き、金〜日・祝約45%引き)、「前売り21」が約30%引き、「前売り14」は約20%引き。ただしピークはそれぞれ割高な超繁忙期運賃のおよそ50%、30%、10%引きとなり、一部の期間や便が除かれる。

 金券ショップで各航空会社の株主優待券を入手、利用する方法は、割引率は低いがとくに地方都市行きでは年間を通じて重宝しそう。例えば日航の福島行きの場合、優待券7枚で半額、同社の優待券の相場は1枚2100円程度なので、通常期でトータル約4500円のコストダウンが可能。出発直前の購入ができ、利用不可の期間はない。日本エアシステムのオフィスに近い沖縄旅行社(本社・098[866]5555)やリウボウ旅行サービス、それに日本旅行沖縄(098[862]3355)が売るJASの25%引きチケット(東京、大阪行き)は席さえあればOK。超繁忙期の出発当日でも買えることがある。

 事前購入割引の28日前購入は確かに半額で安いが、冠・婚・祭はともかく、「自由」旅行者にはあまり縁がないのが現実。21日前購入(3割引)でも大都市行きなら通常期の東京行きを例にとると、片道で2万4350円、4、5日前に申し込める先の格安航空券の方が安い現状にある。また競争激化している首都圏マーケットの旅行会社から通信販売などで取り寄せる沖縄=東京の割安な航空券(JASで片道2万円程度など)を使うのも良い。

 今後の規制緩和、競争促進で7日前購入の設定といった欧米並みの割引率拡大など事前購入のメリットがさらに増すことを期待したい。羽田の発着枠不足や保守的な航空行政が足かせになっているのも分かるが、一方でそれに経営が助けられたのも事実。もうすでに96年6月の事前購入割引運賃制度導入に合わせ実質、航空運賃の経済学に則って多様化のコストを吸収しようとしっかりノーマル運賃の方は往復割引を廃止するなど駆け込み値上げ済みなのだから。現状では日本同様、国内線正規普通運賃が高い西欧などと比べ、多様化の点で不十分なのだ。

 なお年末年始など超繁忙期に登場、臨時最終便をほぼ半額利用できる全日空の「パラダイスきっぷ」(沖縄=大阪[関西]往復3万700円・出発前日まで購入可能)の継続も祈りたい。同きっぷのようないわば突発的な特別運賃の情報は各社の最新時刻表を入手すればすぐ分かる。新路線開設後の大幅割引が目立っているのが最近の特徴で、例えば97年2月にはエアーニッポンの石垣=福岡線が就航記念でほぼ半額の片道1万5660円になっている。JTAの東京線に乗り入れて行う“半額フライト”の計画も期待したい。

 離島を含む日本国内ほぼ全線に言えることだが、満年齢12歳以上22歳未満のヤングはスタンバイでほぼ半額(琉球エアーコミューターは約35%引き)利用できる「スカイメイト」が是非ともお薦め。まさに若者の特権だ。スタンバイと言っても、事前にプッシュホンサービスなどで空席情報を把握すれば大概、搭乗できるのだ。25%引きで予約可能な日本エアシステムの「JAS予約スカイメイト」(超繁忙期設定なし)もある。なお利用にあたっては会員証の作成が必要。入会金1000円、写真1枚(3センチ四方)、学生証などの身分証明証を持って航空会社のオフィスや空港カウンターへ。

 満65歳以上の方には「平日シルバー割引」(25%引き)があり、前日までの予約、購入が義務で平日に使える。健康保険証などでの年齢証明が必要。こうして見てくると本土行きの場合、あれこれチケットの入手に面倒だが、本土の主要都市については台北、香港発など先に取り上げた“中継貿易”タイプの人はほとんど影響なく、ノープロブレムだろう。

 ところで沖縄県内、琉球王国内の航空旅行はどうするか。「スカイメイト」が使える人は幸せだが、一般にはまず沖縄(那覇)=宮古、石垣の幹線についてはいわゆる「25優待」などと言われる、航空会社がばら蒔いた25%引きの優待券利用による格安チケットが良い。通常期で那覇=宮古が9000円、石垣1万2000円程度になる。とくに日本トランスオーシャン航空(JTA)の牙城を切り崩そうとするエアーニッポンの優待券は多いようで、こうしたチケットは宮古、石垣島を含む沖縄ツーリストをはじめ、中央ツーリスト、沖縄国際旅行社(本社・098[867]2121)などの旅行会社で入手できる。

 同じ旅行社でも本島中北部ではお得意さんを除いて駄目で、結局、那覇市内の支店で買うなんていうこともあるかもしれない。席さえあれば出発当日でも買え、日程変更できる便利なチケットだ。ただこれも利用者側からお願いしないとノーマルが出てくることもあるだろう。企業、法人はともかく、個人では比較的難しいと思えるが、一応、近所のどこかの旅行社のお得意さんになっておくとよい。どこで買っても変わらない旅行商品は自分で決めた店でいつも買うようにするのだ。その効果はきっと超繁忙期の席取りや優待券の配慮などで出てくるだろう。

 那覇から宮古、石垣行きは回数券の貸し出しを往復に限り行っている金券ショップもある。トップチケットで宮古1万8500円、石垣2万4500円。同じく久米島行き往復が1万円以下で出回る時もある。金券ショップのロイヤルギフト(国際通り店・098(864)0051]や、さくらチケットなどでは稀にJTAの株主優待券が入荷することも。同優待券2枚(相場は1枚1500円程度)で那覇=宮古、3枚で石垣が半額となる。1枚でも那覇=久米島、石垣=与那国などが半額となり、超繁忙期でも使えるなど極めて便利。久米島行き(片道)を例にとると通常より1700円安い、4700円程度で飛べる。

 JTAの那覇=久米島、石垣=宮古、与那国などは生活路線なのだが割高。JTA株主優待券を入手できたり、先の久米島行き回数券のばら売りに当たればラッキーだが、一般に複数人数であれば6枚綴りの無記名式回数券によりおよそ15%引き(4枚綴りは20%引きだが記名式)で。例の事前購入割引運賃の方は、同じ「前売り」シリーズでも日航と異なり、「前売り28」でわずか2割引(那覇=石垣、宮古は最大で半額)に過ぎない。

 南大東などへの琉球エアーコミューター(RAC)は自治体とかからの補助を受ける過疎路線だけに異常に高く、結局は「スカイメイト」か往復割引(10日以内10%引き)かだろう。「平日シルバー割引」は使えない。金券ショップで各社の旅行券(通常5%引き)を入手、それでチケットを買うのも手だ。RACの経営環境は確かに厳しいが、ハワイやカリブの離島航空路などで導入されている各種営業施策を徹底研究、JTAと組んで実行してみるなど、“公務員的”エアラインでなく何か積極的にどんどんやって欲しいと思う県民も少なくないだろう。

 パック商品になってしまうが、個人向けフリータイプ(航空券とホテルなどをセット)で沖縄ツーリストの「ワンカラ」(例えば久米島1泊2日1万5800円、石垣同2万7700円から)をはじめ、中央ツーリストの「ホテルパック」などは比較的リーズナブル。本土についても宿泊手配が必要で、かつ日程がフィックスなら各旅行会社や航空会社が数多く設けているフリーパック商品を使って見るのも良いかもしれない。

 船舶は那覇=宮古2等片道3810円(学割3050円)、石垣5250円(学割4200円)が比較的割安でお薦めだが、石垣=与那国など小型船舶の航路はまさに体力勝負となる日も少なくない。港を米軍に押さえられた那覇市民は街の造りが象徴するかのようにもう決して海に近い民ではないだろう。県内航路は島発割引を含む往復割引利用が一般的か。沖縄ツーリストでは県内ほとんどの航路のチケットがすぐ買える。

 なお台風接近には十分注意。航空利用の際には搭乗予定を早めるか、もしくはプッシュホンサービスで予定便以後の便に適当な間隔を空けて予約を入れておく。プッシュホン予約が一時停止になってしまう前にやっておこう。そうしないと、台風が去っても国際連帯航空券による国際線へのトランスファーを恐らく除き、空港での長蛇のキャンセル待ちに苦労、テレビにも映ることになろう。またJTAのプッシュホン予約は便名指定してたまたまその便だけが満席、前後の便に空席があっても「あいにくそのほかの便も満席です」などと誤った情報を流すので注意。必ず路線指定で空席状況を確認しよう。

《目次へ》


【中国】

 中国は広い。広州とウルムチでは同じ国とは思えない。沖縄も中国人にとっては尖閣諸島だけでなく、過去の朝貢貿易や文化的背景から本来、中国領土とみている節がある。日清戦争前には日本政府の方針で、八重山、宮古が日本の中国大陸での強力な通商権獲得と引き換えに清国へ売り渡される動きもあった。随分勝手な日本政府である。沖縄から華南へは香港経由、華北へは日本本土経由が一般的か。ただとくにビザ手配の問題を考慮すると、旅行会社へただ任せて高いチケット代や当該査証料プラス高額な手続き料を取られるくらいなら、香港経由がベターだ。福岡総領事館は沖縄から郵送でのビザ取得は不可。

 香港の旅行会社では緊急なら同日中に取得できるところが多く、しかも割安。九広鉄道(香港・九龍=広州)で香港から中国入りするのであれば国境(香港側)の中国旅行社で数十分以内に入手できる。約5000円 。写真1枚要。割高な外国人運賃が廃止された鉄道で広州から上海まで車中1泊。特快硬臥(日本の特急B寝台に相当)で3000円しない。航空も近く同運賃がなくなる見通しだが、割安に広州や深センから中国各地へ飛べる。ただ日本からの予約面を考慮すると香港から香港ドラゴン航空などで飛ぶのがスピーディー、かつ「安全」かも。香港から片道ノーマル(Y)で上海まで1680香港ドル(約2万5200円)、北京まで2370香港ドル(約3万5600円)、 琉球と歴史的に縁の深い福州へは香港から中国東方航空で1510香港ドル(約2万2700円)。

 日本本土経由も長崎、神戸港などからの一部航路については船内でのビザ取得が簡単にでき、大変便利。本土発着の格安チケットを本土の旅行社から入手するのもお薦め。なおリウボウ旅行サービスでは北京行きがソウル経由のアシアナ航空で往復7万9000円(45日フィックス)。日程変更可のチケットを手に入れたければアシアナ航空のカウンターで直接買えば良い。45日有効で、北京行き(上海同額)8万5000円。

 最近関係者で盛んに検討されている上海、厦門、福州などと沖縄を結ぶ国際線の早期開設が真に望まれる。沖縄から上海は福岡へ行くより近いのだ。那覇=厦門の旅客航路復活も願いたいところ。県内の旅行社が時々行う沖縄=上海チャーター便によるフリータイプの比較的エコノミーなツアーも一応チェック。航空券のみの販売も直接交渉してみる価値はある。中国や南米行きなど沖縄で目立つ在住の外国人(とくにビジネス関係)に格安渡航法を聞いて見るのも悪くない。沖縄でのビザ取得については近畿日本ツーリスト沖縄(098[867]7111)で1万120円と良心的。写真1枚要。1、2週間で取れる。東亜旅行社(098[885]8855)やHISも比較的割安な取得可。なお中国ビザ申請時には旅券残存有効期間6カ月以上が必要。

《目次へ》


【韓国】

 韓国のアシアナ航空が週2便、沖縄とソウルを結んでおり、格安航空券がHISかねひでトラベルで往復(Y)4万6000円(14日フィックス)。同じアシアナ航空でソウル乗り継ぎ、ロサンゼルスが8万9000円、東京発ソウル行き格安航空券が2万円台からと聞けば割高感があり、ソウルは思わず欧米などへの行き帰りの滞在にしたくなる。

 だが日本本土経由などのんびりこの韓国“付近”をうろうろするのも自由旅行の楽しさ。あたかも琉球弧の微妙な変化を体感するかのように、両国の共通性や相違、距離などをじっくり肌で感じよう。九州からは博多=釜山を3時間で結ぶJR九州のジェットフォイル「ビートル2」によるJ.K Line(片道1万2400円)やアシアナ、大韓、日本航空の福岡=釜山線(片道[Y2]1万5400円)など選択肢は盛りだくさん。かつては琉球海運の那覇=福岡航路がそのまま韓国南部、麗水にも入っており、ウチナーの船で直行できたが、廃止されて残念だ。15日以内であれば、基本的にはビザ不要。沖縄からソウルへ直接片道だけで飛ぶならアシアナ航空オフィスですぐ買える3万6000円の格安航空券が最適。

 韓国からの帰路はノーマル運賃利用ならばあらかじめ予約だけ入れておいて現地で買えば香港、台湾などと同様安くなり、例えば航空のソウルー沖縄は片道(Y)23万3200韓国ウォン(約3万2700円)で、沖縄発片道ノーマル(Y2)の5万1400円より4割も安い。またほぼ同額で福岡ストップオーバーなどもできる。さらにソウル=沖縄(ストップオーバー)=台北という“中継貿易”タイプにすると片道25万6600ウォン(約3万5900円)で、台湾は差し詰め、那覇からバスでやんばるへ行く感覚となる。ソウルで往復買っておくと良い。なお台湾で買う台北=沖縄=ソウルは沖縄が乗り継ぎでない、24時間以上の滞在、つまりストップオーバーになると沖縄発ソウル行きの高い運賃レベルまで引き上げられてしまうため、旨みはないので注意。ソウルー沖縄=香港は片道41万6800ウォン(約5万8400円)。

 一昔前には考えられなかったが、韓国から中国へも今日、航路、空路が充実しており、空路でアシアナ航空のノーマル(Y)片道はソウル=長春20万6200ウォン(約2万8900円)、北京23万6400ウォン(約3万3100円)、次いでにロシアのハバロフスク34万6000ウォン(約4万8400円)。 なお沖縄からハバロフスクへ往復9万5000円(45日有効)というチケットなら直接アシアナのオフィスへ。北朝鮮は本土、名古屋発のツアー参加がまだ一般的と思われる。

 なおソウル、台北、香港などでの海外発券の際はなるべくベテランのスタッフから買おう。例えばソウルでは本土の西日本在住者などが日本国内区間も安く飛ぼうと頻繁にノーマルの海外発券(ソウル=広島=東京、ソウル=高松=東京など[Y片道約2万9000円])を行っているが、地方都市への日本路線が多い故、コンピュータ操作の判断を誤り、新人の場合、例えば日本国内区間を直行運賃が適用できるケースでも日本で買う価格の高い国内線運賃(広島、高松=東京など)を別取りしてしまう恐れが稀にあるからだ。

《目次へ》


【フィリピン】

 極端に治安の悪いイメージがあるが、凶悪犯罪に巻き込まれるのは大概、在住者や長年フィリピンでビジネスを行っている人で、旅行者は空港、ホテルなど通常の第3世界同様、基本的な警戒を怠らなければ大丈夫だろう。21日以内ならビザも一般には不要(旅券残存有効期間6カ月プラス滞在日数以上)。カトリッ クの国で、中米の雰囲気もある。波照間島のニライカナイではないが、琉球のすぐ南に欧州、かつてのスペイン皇太子(後の国王フェリペ2世)が国名の由来となっている非アジア的な国があるのだ。

 この国の首都マニラへは数年前までノースウェストが毎日飛んでいたが、今は台北経由が一般的。チャイナエアラインの1ヵ月有効、台北ストップオーバー可で、往復(Y)6万5000円(富士ツーリスト)。日系人の多く住むミンダナオ島ダバオへはマニラからフィリピン航空片道ノーマルで(Y)101USドル(約1万1600円)。なお台北からマニラへはノーマル(Y)片道6101元(約2万5600円)でつなげられる。

コンチネンタル・ミクロネシアやノースウェスト、ナウル航空など沖縄は近年でも異常に撤退路線が多いが、仙台など他の地方国際空港で見受けられる積極的なポートセールスやアフターケアがどうも足りないような気がする。航空機の航続距離が極端に向上した今日、没落したアンカレッジやシャノンのように地理的な優位性はさほど国際線寄港に結びつかないわけで、今後沖縄自体の魅力を増すのはもとより、欧州で現実となった国内線のカボタージュ(域内輸送権)開放が必要ではないか。つまり日本本土=沖縄間の“おいしい”国内輸送の権利を外国航空会社にも開放、いま沖縄上空をやたら通過している各国エアラインのいくつかでも引き付けられれば、県乗り入れ国際線の拡充、次いでに日本本土行きの運賃競争激化―の一石二鳥であろう。沖縄が独立、または日本が1国2制度に移行し、いわば半独立状態となれば実現はさらに容易なのだが…。そういえば近所の食堂のおばさんは「昔、ヤマトへ行くのはいつもノースウエスト」と言っていたな。

《目次へ》