ブータン王国滞在記  by 渡久地誠(とぐちまこと)
タイトル画

PAGE 1
ブータン王国の位置と首都ティンプーの様子
PAGE 2
ティンプーの市場と野良犬の話
PAGE 3
ブータンにもある鉄筋コンクリート建て住宅、ブータンの民族衣装
PAGE 4
ブータンの食べ物と現地通貨について
PAGE 5
ブータンのタクシー、仏教ツールの話
PAGE 6
大いなる田舎町タシガンへの旅、ゾンに入った!
PAGE 7
王様の誕生日とパジョデントレッキング
PAGE 8
国境の町プンツォリン、オールナイトダンスパーティー
タイからブータンに向かうドルックエアーの窓からヒマラヤが見える



「週刊沖縄ふぁん」へ戻る


 最終更新日 -2001/02/10-



 JICAの短期専門家(電話関係です)として1999年10月8日から12月14日まで、ブータン王国に滞在しました。
 このページは、「週刊沖縄ふぁん」に連載した、ブータン情報に写真と解説を加えたものです。(本誌未掲載の記事もあります。)
 ブータン王国に観光で行くと一日あたり最低US200ドル(学生は半額)の公定料金が必要になります。通常の観光で、2ヶ月間も滞在することは、不可能と思います。
 貴重な体験をホームページにしました。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

ブータン地図

 ブータンはインドと中国(チベット)の間にあります。

 首都ティンプーでメインの仕事をしていましたが、2ヶ月の滞在のうちタシガンに2週間、プンツォリンに2週間出張しました。タシガンの途中のジャカール(通称ブムタン)にも2泊しました。



_/_/_/_/ ブータン関連リンク集 _/_/_/_/
 

TASHI DELEK
ブータン紹介サイトの超定番。ブータン関連のリンクはここから探そう。
雷竜の国ブータン王国
青年海外協力隊OBが作ったページ、現在も多数の青年海外協力隊員ががんばっています。
JICAの任国情報
ブータンに関する一般的な情報があります。PDFファイルもあります。
DRUK NET
ブータン唯一のプロバイダー、滞在中は事務所にお邪魔してWEBメールを使っていました。
KUENSEL
地元の新聞社、毎週土曜日に英語版とゾンカ語版を発行している。
DRUK AIR
ブータン国営の航空会社、サービスはいまいち。
 
 
HOME Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5 Page 6 Page 7 Page 8